院内感染って簡単に起こります

https://news.yahoo.co.jp/byline/sakamotofumie/20200427-00175453/

こんな記事が連日あがっています。

院内感染は、簡単に起こります。

病院は基本三密です。外来でも、窓が開放されていたり、風通しのいい病院ってみたことあります?

古い病院ほど、狭いナースステーション、病室、狭くて天井の低い廊下…。

カンファレンス室も狭い中に10~20人集まります。

自分の病院も田舎のほうですが、3月下旬から特に3密が言われている中、

医療関係にも関わらず20人以上、集まってカンファしてました。

マスクはしてましたが、顔の位置は手を挙げれば届きます。

専門家ですらこうですから、一般の人にはできませんよね。

接触が一番やっかいで、感染者が触ったものから間接的にうつったりする。

品物や、ドアノブ、つり革、お金…

患者さんに対応するときも、耳の遠いご老人には顔を近づけて話します。

認知症の方は特にそうです。

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4230/

視覚に異常が出やすいために、遠い物がゆがんで見える。

なので正面から顔を近づけて、アイコンタクトをとるが重要らしい。

なので何もしなければ、たぶん感染します。

くることはわかっていたので、トレーニングなどの対策を立てられました。

マスク・ガウン・フェイスシールド・手袋…

準備もできたはずです。

生活が乱れるのはわかっていたし、それに伴い生産が落ちることも。

実際に起こり始めないとわからないんですね、人って。

海外の状況をみれば、スーパーが混むのもわかるし、制限が必要なのもわかる。

個人で気づいてもどうにもならない世の中。昔からかわらないんでしょうね、きっと。

言われないとやらないのが、人間の特徴なのかな。

見てると、そう思うしかない。

ひとのこころ、一隅を照らす。

ちょっとつぶやきたいときに押してください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー