SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)





1.SSRIとSNRIの種類と特徴

SSRIとSNRIはうつ病社交不安障害パニック障害など、様々な精神的疾患に幅広く用いられる抗うつ薬である。

フルボキサミン(商品名:デプロメールなど)、パロキセチン(商品名:パキシルなど)、セルトラリン(商品名:ジェイゾロフトなど)、エスシタロプラム(商品名:レクサプロなど)などは化学構造的に共通性は少ないが、いずれもセロトニン再取り込みを選択的に阻害するため、SSRI:selective serotonin reuptake inhibitor、日本語で選択的セロトニン再取り込み阻害薬という。

ミルナシプラン(商品名:トレドミン)、デュロキセチン(商品名:サインバルタ)はセロトニンとノルアドレナリンの両者の再取り込みを阻害し、SNRI:serotonin-noradrenaline reuptake inhibitor、日本語でセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれる。

SSRIとSNRIは従来の抗うつ薬のような伝達物質受容体遮断作用とそれに基づく副作用が少ないため、うつ病治療の第一選択薬となっている。

2.薬理作用と副作用

うつ病患者に対して、気分高揚作用、意欲亢進作用、抗不安・焦燥作用を示す。鎮静・催眠作用は不眠患者に対して有効で、 REM睡眠 を抑制する。

SSRIはうつ病に加えてパニック障害強迫性障害社交不安障害にも用いられる。

SSRIやSNRIは再取り込み阻害以外の作用が弱いため、三環系抗うつ薬のような副作用(口渇、便秘、排尿障害、視調節障害、眼圧亢進、起立性低血圧など)は少なく安全性が高い。

しかしSSRIは消化管のセロトニン機能も亢進するため、投与初期に悪心・嘔吐を生じやすい。また、SSRIでは セロトニン症候群 が生じることがある。

全ての抗うつ薬で青少年の自殺の頻度が増加する可能性があり、24歳以下には慎重な投与が求められている。


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です