うつ病とは。原因、症状、診断、治療法、うつ病をテーマにした映画など





うつ病とは

うつ病(clinical depression)
うつ病は人口の2〜3%にみられる決して稀な疾患ではない。従来社会に適応していた人に起こる傾向を認め、「憂うつな気分」「不安」「億劫感」などが混在した状態である。


疫学

欧米では12ヶ月有病率(過去12ヶ月に経験した者の割合)1〜8%、生涯有病率(これまでにうつ病を発症した者の割合)3〜16%である。日本では12ヶ月有病率が1〜2%、生涯有病率が3〜7%であり、欧米に比べると低い。一般的に女性、若年者に多いとされるが、日本では中高年でも頻度が高く、うつ病に対する社会経済的影響が大きい。
厚生労働省が実施している患者調査によれば、日本の気分障害患者数は1996年に43.3万人、1999年に44.1万人とほぼ横ばいであったが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と著増している。
しかしこの数字には解釈の注意が必要である。うつ病は臨床検査などで明確に診断できる疾患ではないため、診断基準が少し変わることによって、診断される患者数に大きな差が出てくる。


原因

ストレスをきっかけに発症することが多い。
・大きなストレス
病気、死別、離婚、転職、失業、配置転換、引っ越し、等
・小さなストレス
仕事・学業上のストレス、日々の人間関係、孤独感、等


症状

初期症状として、全身倦怠感、頭重感、食欲不振などの身体症状を自覚する。そのため、何か身体の病気だろうと本人が考えて、医療機関への受診が遅れて重症化する場合も多く注意が必要である。
うつ病の症状として以下の特徴が挙げられる。

朝の不調:朝早く覚醒する、朝の気分がひどく重く憂うつ、朝刊やTVを見る気にもなれない、出勤の身支度をするのに多大なエネルギーを要する。

仕事の不調:午前中を中心に仕事に取り掛かる気になれない、仕事の根気が続かない、決定事項が判断できない“ぐるぐるまわり状態”となる。気軽に人に会って話せなくなる、不安でイライラする、仕事をやっていく自信や展望が持てなくなる。

生活の不調:以前は好きだったことがつまらなくなる、涙もろくなる、誰かに傍にいてもらいたいと思うようになる、昼過ぎ〜夕方になるまでは気分が重く沈む、時に「いっそのこと消えてしまいたい」と考えるようになる。

身体の不調:不眠、疲れやすい、だるい、頭痛、食欲不振、性欲減退(異性への興味がなくなる)、口渇感





診断

問診によって行う。内容は以下の通りである。
大うつ病障害:Major Depressive Disorder DSM-5 診断基準


A:以下の症状のうち、5つ(またはそれ以上)が同一の2週間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。これらの症状のうち少なくとも1つは、1:抑うつ気分または2:興味または喜びの喪失である。(※明らかに身体疾患による症状は含まない)

1.その人自身の言明(例:悲しみまたは、空虚感を感じる)か、他者の観察(例:涙を流しているように見える)によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分。(※小児や青年ではイライラした気分もありうる)

2.ほとんど1日中、ほとんど毎日の、全て、またはほとんど全ての活動における興味、喜びの著しい減退(その人の言明、または観察によって示される)

3.食事療法中ではない著しい体重減少。あるいは体重増加(例えば1ヶ月に5%以上の体重変化)、またはほとんど毎日の食欲の減退または増加。(※小児の場合、期待される体重増加が見られないことも考慮する)

4.ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。

5.ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または抑止(ただ単に落ち着きがないとか、鈍くなったという主観的感覚ではなく、他者によって観察可能なもの)

6.ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。

7.無価値観、または過剰あるいは不適切な罪責感(妄想的であることもある)がほとんど毎日存在(単に自分を咎める気持ちや病気になったことに対する罪の意識ではない)

8.思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日存在(その人自身の言明、あるいは他者による観察)

9.死についての反復思考(死の恐怖だけではない)、特別な計画はない反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画。


B:症状は臨床的に著しい苦痛または社会的・職業的・他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。


C:エピソードが物質や他の医学的状態による精神的な影響が原因とされない。
※:重要な喪失に対する反応(例:不幸、経済的破綻、天災による損害、重大な医学的疾患や障害)は、うつ病エピソードを示す基準A に挙げたような強い悲嘆や喪失について繰り返し考えること、不眠、食欲不振や体重減少を含みうる。しかし、そのような症状は了解可能、あるいは喪失に対して妥当であることもあり、重大な喪失に対する通常の反応に加えて大うつ病エピソードの存在を診断する際には慎重に吟味するべきである。これには必ず、その個人の病歴、そして喪失の文脈としての苦悩の表現に対する文化的な基準を基に臨床的な判断が必要となる。


D:大うつ病性障害の出現が、統合失調症感情障害や統合失調症、統合失調症様障害、妄想性障害、他の特定あるいは特定不能の統合失調スペクトラム、他の精神病性障害でより説明されるものではない。


E:躁病/軽躁病エピソードが存在したことがない。
※躁病/軽躁病様のエピソードの全てが、物質誘発性または他の医学的状態の生理学的影響が原因とされるものである場合は、この除外は適用されない。



治療

抗うつ薬療法
抗うつ薬療法が好ましいと思われる状態の場合、最近はいわゆるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が用いられることが多い。
SSRIは副作用が少ないと思われがちであるが、頭痛、下痢、嘔気などはよく見られれる。また、服薬開始はセロトニン症候群、減量や中止時は退薬症候群といって、かえって不安感やイライラ感が強くなった様に見えることもある。
SSRIやSNRIという分類で薬物治療の方針が示されることもあるが、薬剤ごとに副作用や薬物相互作用の差が小さくない。個々の薬剤について、論文や添付文書を読んで適切に使う必要がある。まずはきちんと決められた通りに服用することが大切である。
その他の治療法
うつ病の精神療法の中には認知行動療法、対人関係療法などがある。認知行動療法の一つとして有効性の検証までには時間がかかるとしても、職場復帰を目的としたリワークが注目されている。また、難治性うつ病や抗うつ薬の副作用が出やすい高齢者に対する無痙攣電撃療法も重要な選択肢である。

 

うつ病をテーマにした映画

ツレがうつになりまして

夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。細川貂々のベストセラーコミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清が映画化。大河ドラマ「篤姫」でも夫婦を演じた宮崎あおいと堺雅人が、互いを思いやろうとする主人公夫婦を絶妙なコンビネーションで演じている。シリアスな題材でありながら、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作。

出典:シネマトゥデイ

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

ロビン・ウィリアムズが、実在の医師に扮した感動ドラマ。“ユーモアによる治療が重要”という説を実践し、医学界の常識を覆した医学生パッチ・アダムスの半生を描く。人間味溢れるアダムス役をロビンが熱演。彼お得意のユーモアと温かな視点で、現代医学の問題点をさり気なく突く。自殺未遂の果て、自らの意志で精神科に入院したアダムス。彼はそこで目覚め、医学の道を志す。2年後、ヴァージニア大学の医学部に入学したアダムスは、規則に背いては患者をユーモアで楽しませていた。冷ややかな視線を向ける学部長や同僚を後目に、やがて彼は恋人カリンとともに、夢に見ていた無料治療院を開設するが・・・。

出典:allcinema ONLINE

参考資料

1)メンタルヘルスマネジメント検定試験公式テキスト
2)厚生労働省HP

 


うつ病ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です