性同一性障害(GID:gender identity disorder)とは。症状、診断、治療など





性同一性障害とは

女性なのに自分は「本当は男なんだ、男と生きるのがふさわしい」と考えたり、男性なのに「本当は女として生きるべきだ」と確信する現象を性同一性障害と呼ぶ。

性別を考える2つの側面

性別といえば一般的に男性か女性かの2種類で考える。しかし、性別には生物学的な性別と、自分の性別をどのように意識するのかという2つの側面がある。

性別の自己意識あるいは自己認知ジェンダー・アイデンティティという。

多くの人の場合は生物学的性別とジェンダー・アイデンティティが一致しているため、性別にこのような2つの側面があることに気づかない。しかし、一部の人ではこの両者が一致せず、そのような場合を性同一性障害という。

つまり性同一性障害とは、「生物学的性別と性別に対する自己意識あるいは自己認知が一致しない状態である」と定義される。

ジェンダーとは何か

ジェンダーという言葉は以下のように大きく分けて3つある。

1.生物学的性別を意味する使い方
形態や機能の上から区別できる雌雄のことを生物学ではジェンダーと呼ぶ。

2.社会的・文化的に形成された性差を意味する使い方
「人為的・社会的に作られた性差」、「男性が優位であるかのように作られた性差」という立場でジェンダーを考え、社会的・文化的性差の意味で用いる。

3.性別に対する自己意識、自己認知を意味する使い方
「自分は男(女)である」、「男(女)として生活することがふさわしい」と感じる性別に関する自己意識(認知)の意味で用いる。心理・社会的性別と呼ばれることもある。

このように「ジェンダー」という言葉は、使われる状況や背景によって意味が大きく異なってくる。

 

症状

主に3つの症状がある。

1.自らの性別を嫌悪あるいは忌避する
自分の性器が間違っている、成人になれば反対の性器を持つようになるであろうなどと主張したり、自分の性器はなかったらよかったのになどと考えることがある。
また、2次成長期には、男らしいあるいは女らしい体つきになることに対する嫌悪感や忌避の気持ちが強くなる。
そのため、すね毛を剃ったり、乳房をサラシで巻き膨らみを隠そうとしたりする。これらの症状は、自らのジェンダーにふさわしくない身体症状を嫌悪し、忌避することからくるものである。

2.反対の性別に対する強く、持続的な同一感を抱く
自分の存在そのものを、自らのジェンダーと同一化したいと願い、反対の性別になりたいと強く望む。そのため反対の性別の服装をしたり、反対の性別としての遊びを好む。

3.反対の性別としての生物役割を果たそうとする
日常生活の中でも反対の性別として行動したり、義務を果たしたり、家庭や職場、社会的人間関係でも、反対の性別として役割を果たそうとする。また、言葉遣いや身のこなしなど様々な点で反対の性別として役割を演じることを希望し、実際そのように実行する。

 

診断

診断は次の1〜4のステップで行う。

1.生物学的性の決定
染色体、ホルモン検査、内性器、外性器の検査を行って生物学的な男女の性別を証明する。

2.ジェンダー・アイデンティティの決定
生育歴、生活史、服装、これまでの言動、人間関係、職業などに基づいて性別役割の状況を調べジェンダーの決定をする。

3.生物学的性別とジェンダー・アイデンティティが不一致であることを明らかにする

4.その際以下の除外診断に該当しないことを確認する
・性分化疾患などの異常はない
・精神的障害はない
・社会的理由による性別変更の希望ではない

 

治療

一般に精神療法、内分泌(ホルモン)療法、外科的治療の3段階を順に進める。外科手術に進んだ場合でも精神療法や内分泌療法を継続する。

1.精神療法
これまでの生活の中で、性同一性障害のために受けてきた精神的、社会的、身体的苦痛について十分な時間をかけて聞き、どちらの性別で生活するのが本人にとってふさわしいかの決定・選択を援助する。

2.内分泌(ホルモン)療法
十分な精神療法を行っても自分の性別とジェンダーの不一致に悩み、身体的特徴を少しでもジェンダーに合わせようと希望するとき、ホルモン療法を行う。

3.外科的療法
外性器に外科的に手を加え、主として反対の性別に近づける治療法を「性別適合手術」と呼ぶ。
男性が女性への性別適合手術を求める時には精巣摘出術、陰茎切除術、造膣術ならびに外陰部形成術を行う。
一方女性が男性への手術を求めるとき、第一段階として卵巣摘出術、子宮摘出術、尿道延長術、ならびに膣閉鎖術を行い、ついで第二段階として陰茎形成術を行う。

 

参考文献

1)厚生労働省HP,「性同一性障害」,(http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_gender.html),閲覧日2017/12/1

 


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です