薬物依存症とは。原因、症状、治療法など





薬物依存症とは

薬物の効果が切れてくると、薬物が欲しいという強い欲求が湧いてきて、その渇望をコントロールできずに薬物を使用してしまう状態をいう。

古くは薬物中毒と言われてきたが、現在は薬物乱用、薬物依存、薬物中毒という3つの概念に分類されている。

 

疫学

2009年に行われた国立精神・神経医療センター精神保険研究所薬物依存研究部の調査では、全国15歳以上64歳以下の国民5000人を対象に調査が行われた。

その調査による生涯経験者率は有機溶剤(シンナー)1.9%、大麻1.4%、覚せい剤0.3%、MDMA0.2%、コカインとヘロインは統計誤差内であった。

これら6種類のうちいずれかの薬物生涯経験率は2.9%であった。

ただし、これらの数字は薬物乱用者に関するものであり、そのうち何%が薬物依存に陥っているかは不明である。

 

原因

薬物依存の原因として、脳内の神経系の異常が明らかになっている。

脳のどの部位に作用するかは薬物によって異なる。しかしどの薬物でも、中脳の腹側被蓋野から側坐核に至る脳内報酬系とよばれるA10神経系に共通して異常が起きていることが明らかになっている。

このA10神経系でもっとも重要な役割を果たす神経伝達物質がドパミンである。




症状

薬物乱用

薬物乱用とはルールに反した行いに対する用語で、社会規範から逸脱した目的や方法で薬物を自ら使用することをいう。

覚せい剤、麻薬(コカイン、アヘン、ヘロイン、LSD、MDMAなど)は製造、所持、売買のみならず、自己使用そのものが法律によって禁止されている。したがって、それらを1度でも使用しただけで乱用となる。

未成年の飲酒・喫煙も法律により禁じられているため、1回の飲酒・喫煙も乱用となる。

薬物依存

薬物乱用を繰り返すと、薬物依存という状態に陥る。

薬物依存はWHOにより世界共通概念として次のように定義づけられている。

「薬物の乱用の繰り返しの結果として生じた脳の慢性的な異常状態であり、その薬物の使用をやめようと思っても、渇望を自己コントロールできずに薬物を乱用してしまう状態」

また、薬物依存は身体依存と精神依存に分けて考えることができる。

身体依存

薬物が生体内にある期間存在し続けることによって、その人の生体にある種の馴化を引き起こし、薬物が生体内に存在するときには身体的にも精神的にもさほどの問題を生じないが、薬物が切れてくると、様々な症状を引き起こす状態のことである。

精神依存

渇望(薬物が欲しいという気持ち)に抗しきれず、自制が効かなくなる状態のことである。ただしその薬物が切れても、身体的な不調は原則的には発現しない。

薬物中毒

薬物中毒は急性中毒慢性中毒に分けられる。

急性中毒

アルコールの一気飲みは薬物乱用である。このような飲み方は酔いを一気に通り越して意識不明の状態に陥りやすく、生命的な危機を招く。このような状態が急性中毒で、乱用による薬物の直接的薬理作用の結果である。

依存状態の有無に関わらず薬物を乱用すれば、誰でも急性中毒に陥る危険性がある。急性中毒は迅速かつ適切な処置により回復することが多いが、時には死亡してしまうこともある。

慢性中毒

薬物依存に陥っている人がさらに乱用を繰り返した結果として発生する慢性的状態である。こうなってしまうと原因薬物の使用を中止しても出現していた症状は自然になくなることはなく、時には進行性に悪化する。幻覚や妄想を主症状とする覚せい剤精神病、無動機症候群を特徴とする有機溶剤精神病などがその代表である。

覚せい剤精神病の幻覚や妄想は3ヶ月以内の治療で約80%は治すことができる。しかし幻覚や妄想がなくなったからといって薬物依存までもが治るわけではない。

 

治療法

薬物依存を治す治療薬は今のところない。一旦異常となったA10神経系は半永久的に元に戻らない可能性があると言われている

まずは薬物の使用を断ち、その後は欲望に打ち勝ちながら再使用しないように自己コントロールし続けることが治療となる。そのために実行すべきことは、それまでに薬物使用に関係していた状況(人間関係、場所、お金、感情、ストレスなど)を整理・清算し、薬物を使わない状況を持続させることが大切である。

しかし、これらのことを一人で実行し続けることはほとんど不可能に近いとされている。持続させるためには、これらの整理・清算を、認知行動療法を取り入れた治療プログラムで体系的に習得させてくれる医療施設・相談所に通い続けるか、ダルク(Drug Addiction Rehabilitation Center)やNA(Narcotic Annonymous)などの自助活動に参加し続け、同時に薬物を使用しない新しい仲間を作ることが大切である。

 

【参考文献】

1)厚生労働省HP,「薬物依存症」,(http://www.rehab.go.jp/ri/kankaku/kituon/),閲覧日2017/11/29

 


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です