社交不安障害(SAD:social anxiety disorder)とは。症状、治療法など





社交不安障害とは

社交不安障害で多く見られるのが、「異常なあがり」症というべき症状で、人前で話をするとき、強度の不安と緊張を感じ、混乱に陥る。このような症状は昔から「対人恐怖」や「赤面恐怖」と表現されてきた。

【症状】

・人前で発表するのが極度に怖い、緊張する
・人と接するのが極度に怖い、緊張する
・周囲からの視線が極度に怖い
・注目されると緊張で赤面する、汗をかく
・人前で食事ができない
・人前で文字を書く時、手が震えて書けない
・人前で電話をかけるのが怖い
・権威のある人と話をするのが怖い
・周囲に人がいると用が足せない

【不安に伴う生理的症状】
・紅潮
・発汗
・動機
・胃腸の不快感
・振戦
・下痢
・声の震え
・パニック発作

【社会への影響】
・進学、卒業が困難
・就職、就労が困難
・地域との交流が困難

【不安を感じやすい性格の傾向】
・真面目で責任感が強い
・心配性で完璧主義
・人との交流が苦手
・人との交流を求めない
・人からよく思われたい

【治療】

SSRIの内服がベースとなり、不安感が強い場合には抗不安薬などの頓服を併用する。
・規則正しい生活リズムを心がける。
・精神療法
(認知修正療法)
自分の行動が周囲の人に不快感を持たれているのかを再考し、実際に確認することで不安や恐怖を解消する。
(段階的暴露療法)
あえて不安や恐怖を感じる状況を体験し、段階的に慣れることによって回避行動を軽減する。
(社会的技術訓練)
社交的な場面での対人方法を学び、不安や恐怖を軽減する。
(不安対処訓練)
不安や恐怖による過呼吸を防ぐための呼吸法や、緊張感を和らげるためのリラクゼーション法を学ぶ。
(集団認知行動療法)
大勢の前で普段回避している行動をとる。それが客観的にどのように見えたかを話し合い、不安や恐怖を解消する。

 


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です