統合失調症(SZ:Schizophrenia)とは。原因、症状、治療法など





統合失調症とは

 

【概要】

幻覚 や 妄想 という症状が特徴的である。

また幻覚・妄想などの比較的目につきやすい症状が安定した後でも、コミュニケーション障害、意欲・自発性欠如、引きこもり傾向などが後遺障害として残りやすいため仕事に就きながら療養することは難しく、比較的長期の休職を必要とすることが多くなる。

 

【疫学】

10代後半〜30代前半の若年者に発症しやすく、およそ100人に1人がかかる疾患である。

厚生労働省による調査では、ある1日に統合失調症あるいはそれに近い診断名で日本の医療機関を受診している患者数が25.3万人で(入院18.7万人、外来6.6万人)、そこから推計した受診中の患者数は79.5万人とされている(2008年患者調査)。

親が統合失調症を患っていた場合、発症率は10倍に跳ね上がる。しかし遺伝的原因は依然として特定できていない。また、一卵性双生児が2人とも統合失調症を発症する確率は約50%とされている。

 

【原因】

原因は今のところ明らかになっていない。

進学・就職・独立・結婚などの人生の進路における変化が、発症の契機となることが多い。ただ、それらは発症のきっかけではあっても原因ではないと考えられている。

 

【症状】

幻覚妄想
幻覚と妄想は闘争失調症の代表的な症状である。幻覚や妄想は統合失調症だけでなく、他の色々な精神疾患でも認められるが、統合失調症の幻覚や妄想には一定の特徴がある。幻覚や妄想をまとめて「陽性症状」と呼ぶことがある。

(生活の障害)
この疾患は、幻覚・妄想とともに生活に障害が現れることが特徴である。この障害は「日常生活や社会生活において適切な会話や行動や作業ができにくい」という形で認められる。「陰性症状」とも呼ばれるが、幻覚や妄想に比べて疾患による症状とはわかりにくい症状である。
患者本人も説明しにくい症状なので、周囲から「社会性がない」「常識がない」「気配りにかける」「怠けている」などと誤解される元となる。

(病識の障害)
多くの場合、普段の調子とは異なること、神経が過敏になっていることは自覚できるが、幻覚や妄想が活発な時期にはそれが病気の症状であると言われても、なかなかそうは認識できない。症状が強い場合には自分が病気であることが認識できない場合もある。

 

【治療】

(入院)
疾患が明らかになった場合、治療の場を外来か入院かを決定する必要がある。

入院治療は家庭の日常生活から離れてしまうという面があるものの、それが休養となって治療にプラスになる場合もある。
入院を検討するのは次のような場合である。
・日常生活での苦痛が強いため、患者本人が入院しての休養を希望している。
・幻覚や妄想によって行動が影響されるため、通常の日常生活を送ることが困難。
・自分が病気であるとの認識が乏しいため、服薬や静養など治療に必要最低限の約束を守れない。

(薬物療法)
統合失調症の治療に用いられる薬物を「抗精神病薬」。あるいは「神経遮断薬」と呼ぶ。精神に作用する薬物の総称である向精神薬のうつの一つのカテゴリがこの抗精神病薬である。
抗精神病薬の作用は大きく3つにまとめられる。
幻覚妄想・自我障害などの陽性症状を改善する抗精神病作用
・不安・不眠・興奮・衝動性を軽減する鎮静催眠作用
・感情や意欲の障害などの陰性症状の改善を目指す精神賦活作用

(リハビリテーション)
病気や薬についてよく知り、治療の参考にして再発を防ぎたいとの希望がある患者・家族のために「心理教育」、回復直後や長期入院のために身の回りの処理が苦手となっている場合には生活自立のための取り組み、対人関係やコミュニケーションにおける問題が社会復帰の妨げになっている場合には、認知行動療法の原理を利用した「生活技能訓練(SST:Social Skills Training)」、仕事における集中力・持続力や作業能力の回復を目指す場合には「作業療法」、対人交流や集団参加に自信が持てない場合には「デイケア」、就労のための準備段階としては「作業所」など、ここの患者の病状に合わせて利用していく。

 

【参考文献】
1)厚生労働省HP,「統合失調症」,(http://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/vision.html),閲覧日2017/11/12


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です