双極性障害/躁うつ病 (bipolar disorder)とは。原因、症状、治療法など





【概要】
気分障害に分類されるものの中に、双極性障害という疾患がある。エネルギーが枯渇した「うつ状態」のみを呈する疾患を「うつ病」というが、双極性障害は「うつ状態」とエネルギーに満ちた「躁状態」を繰り返す慢性の疾患である。
以前は「躁うつ病」と呼ばれていたが、現在では両極端な症状が起こるという意味の「双極性障害」と呼んでいる。
うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極Ⅰ型障害」という。うつ状態に加え軽躁状態が起こる双極性障害を「双極Ⅱ型障害」という。

【疫学】
うつ病の頻度は欧米で約15%と言われている。双極性Ⅰ型障害を発症する頻度は約1%前後、双極Ⅰ型とⅡ型の両方を含めると2〜3%に及ぶと言われている。
日本ではうつ病の頻度は約7%で、Ⅰ型とⅡ型を合わせた双極性障害の割合は約0.7%である。

【原因】
原因はまだ解明されていないが、遺伝子、環境、性格などの要素が関係していると考えられている。

【症状】
・躁状態
Ⅰ型障害の躁状態では、ほとんど眠ることなく動き回り続けたり多弁になる。仕事や勉強にはエネルギッシュに取り組むが、一つのことに集中できず、何一つ仕上げることができない。
また、高額な買い物をして多額の借金を作ったり、法的な問題を引き起こしたりする。失敗の可能性の高いことに次々と手を出してしまうため、これまで築きあげた信用を一気に失った挙句、仕事を辞めざるを得なくなることもある。
また、自分には超能力があると行った誇大妄想をもつケースがある。
・軽躁状態
Ⅱ型の軽躁状態は躁状態のように周囲に迷惑をかけることはないが、いつもとは人が違ったように元気になる。いつもに比べて人間関係に積極的になるが、少し行き過ぎという感じを受ける場合がある。
・うつ状態
「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」の二つが、うつ状態の中核である。
これらの二つのうち少なくとも一つ症状があり、これらを含めて早朝覚醒、食欲の減退または亢進、体重の増減、易疲労感、やる気が出ない、自責感、自殺念慮といった様々なうつ状態の症状のうち、5つ以上が2週間以上毎日出ている状態がうつ状態である。
双極性障害では、最初の病相(うつ状態あるいは躁状態)から、次の病相まで5年くらいの間隔がある。躁やうつが治っている期間はなんの症状もなく、全く健常な状態になる。しかし、この期間に薬を飲まないでいると、ほとんどの場合繰り返し躁状態やうつ状態が起こる。

【治療】
・薬物療法

双極性障害には、気分安定薬を用いる。日本で用いられている気分安定薬にはリチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンがある。
これらのうち、リチウムがもっとも基本的な薬となる。リチウムには躁状態とうつ状態を改善する効果、躁状態・うつ状態を予防する効果、自殺を予防する効果がある。
・心理療法
双極性障害は単なる心の病気ではないので、カウンセリングだけで治るというものではない。しかし、病気をしっかり理解し、その病気に対する心の反応に目を配りつつ、治療がうまくいくように援助して行く、ある種の精神療法が必要である。
心理教育では、病気への理解、薬の作用・副作用の理解、再発の兆候は何かということを自分自身で理解することを目指す。再発を放っておくと病識がなくなり、病院にくることができなくなるが、初期に治療を開始すればひどい再発にならなくてすむ。再発した時にでる初期兆候を確認し、本人と家族で共有することが大事である。
また、規則正しい生活を送ることも双極性障害の治療には良い効果がある。徹夜を避け、朝はしっかり日光を浴び、散歩などの軽い運動をする、といった簡単にできることから習慣化していくことが疾患の安定化において重要である。

【参考文献】
厚生労働省HP,「双極性障害」,(http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_bipolar.html),閲覧2017/11/5
日本うつ病学会HP,「双極性障害委員会」,(http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/),閲覧2017/11/5

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です