難病


治療がむずかしく、慢性の経過をたどる疾病もいまだ存在し、このような疾病を難病と呼んでいる。ただし、完治はしないものの、適切な治療や自己管理を続ければ、普通に生活ができる状態になっている疾患が多くなっている。そのために、現在、「病気をもちながら働く(働き続ける)」ことが大きな課題になっている。現在 123 種類が「特定疾患」として指定されており、多種多様で、糖尿病や高血圧と変わることがない疾患もある。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です