うつ病になった時の退職届の出し方。退職願、退職届、辞表の違いなど





民法第627条

うつ病になって休職して仕事を辞めたい時、電話で伝えることが難しい時がある。

そんな時は退職届を郵送しよう。

民法第627条では、以下のようになっている。

 

条文

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第627条

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

 

よって、通常の無期雇用契約で働いている人は、二週間以上前に退職の旨を伝えれば会社を退職することができる。

 

退職願、退職届、辞表の違い

退職願

労働契約の解除を願い出るものである。会社に退職を申し込み承諾がなされてから初めて退職となるため、提出した時点では退職とはならない。

退職届

明確な意思表示となり受理された時点で退職となる。こちらは撤回することができない。

辞表

辞意を表明する際に提出するものであるが、経営者や役員や公務員の場合に用いるものなので、一般的な会社員はこれを用いることができない。

 

したがって、退職の意思が強く話し合いの場を持ちたくない場合には退職届を提出しよう。

 

退職届の書き方

以下テンプレートであるので参考にしてもらいたい。

ポイント

  • 手書きで書く。A4の白いコピー用紙等で良い
  • 「退職致します」とはっきりとした文言で書く
  • 印鑑を押印する
  • 会社であれば「社長宛」、病院であれば「院長宛」
  • 封筒は白いものを使用する。

 

郵送と添え状

退職届を郵送する際は、添え状もしっかりつけよう。退職届を郵送すること自体多少失礼に当たるので、せめてもの気持ちを込める意味で。

以下、添え状のテンプレートである。

 

ポイント

  • 郵送する際の基本は直属の上司宛てに送るのだが、上司宛てに直接郵送するのが億劫な場合は、人事部や総務部などの人事関係の部署に送ろう。むしろそっちの方が受理されるのに確実かもしれない。
  • 退職届が受理されれば、退職の手続きに入る。その際電話でやり取りするのが億劫な場合には、添え状にメールでのやり取りでお願いしますと書こう。
  • 退職する際に離職票を発行してもらうのだが、うつ病で退職する際には、必ず離職コードは3C(33)(被保険者期間12ヵ月以上)もしくは3D(34)(被保険者期間12ヵ月未満)にしてもらおう。この離職コードにすることで、特定理由離職者となり失業保険(基本手当)の給付制限がなくなり、すぐに失業保険(基本手当)を給付してもらえることになる。また、この離職コードであれば国民健康保険の減免をしてもらえることになり、経済的負担がさらに軽減される。しかし、気をつけなければならないのは、失業保険(基本手当)をもらえるのは自身が就労できる状態にあることが条件である。すぐに就労できない場合は傷病手当の手続きをしよう。なお傷病手当の手続きについてはここでは省く。

 


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





2 thoughts on “うつ病になった時の退職届の出し方。退職願、退職届、辞表の違いなど

  1. kouexit 返信する

    kouexitです。退職に際して、そのような民法上の条文があるとは、知りませんでした。退職願も辞表も扱われ方が違うんですね。私も数多く転職してるので、書き方は慣れてしまってますが、ちゃんとした民法上の根拠があるんですね。
    良かったら、私のブログにもコメントいただけたら嬉しいです。

    • hosomichi 投稿者返信する

      コメントありがとうございます。退職の際、受理されない恐れがある場合は、内容証明にて退職届を郵送すると法的に確実に退職することができます。
      了解です!コメントします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です